• TOP
  • COLUMN
  • 大学生でもAGAは発症する?その原因と対策を解説

2022.09.5

大学生でもAGAは発症する?その原因と対策を解説

大学生であれば、男性型脱毛症(AGA)という病気を聞いたことがあるかもしれません。これは、一般的に男性型脱毛症と呼ばれるものの医学用語です。一般的には年配の男性に多いイメージですが、大学生でも発症する可能性があります。本記事ではこの症状の原因と、大学生ができる対処法について説明します。

1 AGAの原因

まずはじめにAGAについてご説明します。AGAは「Androgenetic Alopecia」の略で、日本語では「男性脱毛症」と訳されます(「Androgen = 男性ホルモン」「Alopecia = 脱毛症」という意味)。

AGAは男性に最も多く見られる脱毛症で、額の生え際や頭頂部の髪の毛が細く短くなり、少しずつ髪の毛が薄くなっていくのが特徴です。

AGAは男性ホルモンの「テストステロン」と酵素の「II型5αリダクターゼ」が結合した「ジヒドロテストステロン(DHT)」が毛根に作用することで進行します。

通常のヘアサイクル(毛周期)は大きく「成長期」「退行期」「休止期」に分かれ、「成長期」において髪の毛は最も活発に育まれます。通常は約1000〜2000日かけてヘアサイクルが1周しますが、AGAの発症でヘアサイクルが乱れると髪の毛の「成長期」が最短100日程度と極端に短縮されてしまうのです。

AGAの詳しいメカニズムは以下の通りです。

① 「テストステロン」と酵素の「II型5αリダクターゼ」が結合

② 「ジヒドロテストステロン(DHT)」が発生

③ 男性ホルモンレセプターが「DHT」をキャッチ

④ 脱毛因子「TGF-β」が増加

⑤ 「TGF-β」が毛乳頭細胞に退行期移行へのシグナルを発信

また、AGAは進行性であることが知られており、一度発症してしまうと自然に治ることは決してありません。そのため、薄毛が気になり出した場合は、なるべく早く専門医を受診し、治療を始めることが大切となります。

2 大学生もAGAになる

男性型脱毛症(AGA)は大学生のような若い年代でも発症する可能性があります。以下にその原因となる要素を紹介します。

①ホルモンのアンバランス

AGAの主な原因として、ホルモンバランスの乱れ、特にテストステロン値が高すぎたり低すぎたりすることが挙げられます。テストステロンは髪の成長や発育に関わるホルモンなので、バランスが崩れると、毛根が薄くなったり、抜け落ちたりします。このホルモンバランスの乱れは、ストレス、食生活の乱れ、運動不足などの問題によって引き起こされることがあります。

②遺伝

AGAのもう一つの大きな原因は、遺伝です。家族にAGAの人がいる場合、自分も発症する可能性が高くなります。これは、遺伝的な特性によって、他の人よりも薄毛が進行しやすい人がいるためです。また、両親が早くからAGAや女性男性型脱毛症(FAGA)だった場合、同じような症状が出やすくなる可能性があります。

③生活習慣

最後に、睡眠の質の低下や不健康な食事などの生活習慣も、AGAを加速させる原因になります。睡眠不足は、コルチゾールなどのストレスホルモンのレベル上昇につながり、炎症の増加、ひいては抜け毛を早める可能性があると言われています。また、加工食品を多く含む不健康な食事は、ホルモンバランスの乱れを引き起こし、薄毛や抜け毛の原因となる可能性があります。

3 大学生のAGA対策

AGAが気になっている大学生にもできる対策方法はいくつかあります。

意識するだけでも効果はあるので知っておきましょう。

①ストレスレベルを低く保つ

ストレスは、多くの研究で抜け毛に関係しているとされています。したがって、大学生はストレスレベルを低く保つことが重要です。そのためには、毎日リラックスする時間をとり、ヨガや瞑想などのマインドフルネスを実践することが効果的です。また、大学生にとっては、心の健康を優先し、毎晩十分な睡眠をとることも重要です。運動も、ストレスレベルを下げ、全体的な健康状態を向上させる効果的な方法です。

②健康的な食生活を送る

大学生にとって、果物や野菜、低脂肪のタンパク質、全粒粉を多く含む健康的な食事をすることは重要です。バランスのとれた食事は、体に栄養を与え、健康な髪の成長に必要なビタミンやミネラルを補給するのに役立ちます。また、1日にグラス8杯以上の水を飲んで、水分補給をすることも大切です。

③特定のヘアケア製品を避ける

頭皮を傷め、抜け毛の原因になることもあるので、刺激の強い化学製品を使わないようにすることが大切です。頭皮を刺激し、使いすぎるとさらにダメージを与える可能性がある化学物質を含まない、自然素材のヘアケア製品を探すとよいでしょう。さらに、熱を加えるようなスタイリング・ツールも、間違った方法で頻繁に使用すると、髪を傷める原因になるので、あまり使用しない方がよいでしょう。

④正しい治療法を見つける

AGAの状態を改善する最善の方法は、AGAクリニックで適切な治療を行うことです。AGAは早期に治療を開始するほど効果が得られやすいと言われています。薄毛が気になりだしたら早めにクリニックに相談することを推奨します。

4 まとめ

男性型脱毛症(AGA)は大学生にも起こり得ますが、染料や熱を加えるスタイリングツールなどの特定の化学物質を避け、医師が処方する薬を飲み、健康的な食事をし、定期的に運動し、毎晩十分に安眠するなど、ライフスタイルを変えることで、その影響を管理できる方法があります。もしAGAかもしれないと思ったら、早期に治療を開始するなど対策を取ることが有効です。

NOFATEではAGA治療薬が月々~4,500円

NOFATEではAGAの代表的な治療薬であるフィナステリド、ミノキシジルが月々~4,500円

COLUMN一覧へもどる